小浦眼科
サイトマップ HOME
診療時間・アクセス 院長の挨拶・基本理念 スタッフ紹介 院内案内1F〜3F 目の病気 手術について リンク集
GO TO HOME E-mail
手術について Operation
日帰り白内障手術
日帰り硝子体手術
【日帰り白内障手術】
眼麻酔を行い、次に目の周りの皮膚と目を消毒します。その後、顔全体にシーツをかけ、まぶたに目を開けるための機械をつけます。その後、点眼麻酔をもう一度行い手術が開始されます。術中は上からまぶしい光が照らされますが、まぶしいのは最初だけです。手術中は触られる感じはありますが、痛みはほとんどなく、手術中は会話もできますので心配なく手術を受けていただけます。手術は2.4mm〜3mm程度、角膜を切開し、超音波を使って白く濁っている水晶体を除去し、透明な眼内レンズを眼内に入れて終了です。手術時間は10分程度ですが、白内障の程度などにより多少の個人差はあります。手術終了後は眼帯をせずに保護眼鏡を装用して帰っていただきます。ただし、手術をしても若い透明な水晶体にはなりません。眼内レンズは1ヵ所にピントが固定されているので、手術前に医師と相談して、自分のライフスタイルに合った度数を選んでもらうことが大切です。また、当院では近くと遠くの2ヵ所にピントが合う多焦点眼内レンズも選択できますので、ご相談下さい。
手術は原則として入院せず日帰りで行っていますが、ご遠方の方で宿泊を希望される方は、ご相談ください。 
日帰り白内障手術
「麻酔」
点眼麻酔という局所麻酔で行います。手術中、触られる感じはありますが、痛みはほとんどなく、手術中は会話もできますので心配なく手術を受けていただけます。
「手術時間」
10分程度です。手術後はリカバリー室で10分くらい休んで帰宅して頂きます。当院では白内障手術ついて十分に経験を積んだ専門医が最新の医療機器を用いて手術を行っています。
「手術の流れ」
●手術日決定

●手術前検査(手術2週間前)
眼脂培養などの眼科的検査、採血・血圧などの全身検査

●手術説明会(手術1週間前)
手術内容説明(手術承諾書、術前検査時の血液検査結果、術前減菌法の点眼薬(2日前より抗菌剤を点眼)を渡し、患者さんへの連絡がきちんとつくように緊急連絡先を確認し、高額医療費などについても説明を行います。)

●手術
1時間前に来院。手術終了後は眼帯をせずに保護眼鏡を装用し、リカバリー室で10分程度休んで帰宅して頂きます。

●術後
術後の経過は定期的に通院していただき(術翌日、術後3日、術後7日、・・・)、経過観察を行います。

小浦眼科 院長 小浦 裕治
広島県廿日市市宮島口1丁目14番28号 TEL/0829-56-0011 E-mail/koura@koura-ec.com